Press "Enter" to skip to content

小児PTに学ぶ発達運動学セミナー

小児PTから学ぶ
発達運動学セミナー

「オフライン」メインで開催決定

※宿題は任意になりました

このセミナーは
赤ちゃんが生まれてから歩くまでに
必要な運動の要素を
講義と実技を通して学んでいきます。

適応としては
全ての人に当てはまります。

赤ちゃんへのアプローチがわからない

家族へどう説明したら良いかわからない

重症児・医療ケア児に
何ができるかわからない

走り回っている子に
どうよりそったら良いかわからない

これらが、少しでも
解決できるよう
お手伝いします。

 


セミナーの特徴

本セミナーの全4回

○赤ちゃんの発達をご自身の身体で体験します
○運動と発達をどのように観察するか系統立てて学べます
○子どもとの接し方、保護者への助言について学べます

注意点:
・STEP1〜4の順に受講していただきます。
・治療などは提示しません

 

各回の構成は以下のようになります。

①ボディーワーク
②ディスカッション
③任意で宿題提出
④実際にお子さんの動きを検証

セミナーの特徴はインプットだけでなく
学んだことをディスカッションを通して
アウトプット
していくことです。

例えば
ハイハイの評価を
講義の内容に沿って

グループディスカッションを行い
学びの定着を促します。


修了生の声

 

・毎年開催している勉強会ですが、小島さんとの出会いは自分の価値観を大きく変えてくれるきっかけになっています。いわゆる社会一般的に言われる「よくないもの」「問題点」とされる現象を肯定的に捉えること。それこそが真の健康に必要な考えなのだと現在は思っております。

整形外科勤務理学療法士

 

オンライン講義を経て、兵庫県に小島さんにきて頂きました。

触れることの大事さ、責任感を改めて感じ、公募したご家族様にご協力していただき、小島さんワールドを目の当たりにしました。

『子どもに主導権を握ってもらう』

これがめっちゃ大事なことで頭では理解しているんですが、小島さんは当たり前のようにされている。

僕はテンパったらついつい自分が主導権握ってしまうので、控えめにしつつ提案していけるようにまた意識していきます。

ご家族様との関わり方はもちろん、お子様との関わり方、何よりも小島さんの笑顔&楽しそうな関わり方はこちらまで楽しくなり本当に勉強になりました。

質問に対しても丁寧にお答えしていただき、学びの深い1日となりました。

キッズピラティス・理学療法士

信頼のおける人、発達運動学セミナーを開催してくれた、小島 賢司さんに自己開示をしてフィードバックをもらうと、まだ見ぬ未知の世界から、可能性が生まれてきました。

子どもが3人いてても、

主人が三交代でいてなくても、

走れる強さはここなんだ。

自分と自分の家族、これから出会うママと子の可能性を見つけるために。

そのために、一生涯学びたいんだと再確認できました。

足育指導者・理学療法士

発達相談にちゃんと対応したくて、こじさんにあってみたくて、発達コンサルタント 小島 賢司さんより赤ちゃんの発達の事やセラピストとしてのあれこれを聞いてきました!

子供の発達相談を受けるのはちょっと自信がなかったのですが、知識のベースが広がったのでもっと的確な受け答えができそうです

理学療法士

キーワードとしては『子ども』や『発達』になりますが、子どもに関わる人だけではなく、整形外科のクリニックに勤めるセラピストにもとってもオススメです(^ω^)

誰しも必ず子どもの時代があり、今の『動き』は子どもの運動発達の影響を大なり小なり受けています。

運動発達を理解する事は今の運動機能を本質的に理解する事になります。

知識としてのアップデートもオススメですが、自分として毎回思うのがやはり講師の小島さんの『人柄』に触れ合って欲しいです。

オンラインでも十分触れ合えますし、カラダを把握するには肉体的だけじゃなく、社会的・精神的な背景も汲み取らないといけず、その工夫が小島さんから垣間見る事が出来ます。 

いくら知識を詰め込んでも、それを提供する『人と人』との関係性が適切ではないと、望む結果は得られません。

これは何年目だからとか、知識がたくさんあるとか関係なく大前提の事です。

自分のあり方を見直す機会にもなりますので、ぜひ参加してみてください(^ω^)

理学療法士

去年受講しましたが、小児を普段みない僕も楽しく深く学べました!

費用対効果とクオリティの異常な高さに脱帽です。

理学療法士

こどもと関わる上で最も大切なことを教えてくれた発達運動学コース

・こどもの運動を捉える観察眼

・エビデンスと経験とを整理して解釈できる推論力

・良い/悪いの二元論でなく、長所と短所を見出して状況に合わせて考えられる力

・保護者の不安に寄り添いながら、こどもの良いところを沢山見出していく在り方

情報量も多く毎回毎回学びや気づきがあります。

本当に手厚く受講生一人ひとりのサポートをしていただけます。

理学療法士

新生児から幼児期までの運動発達を細かく学ぶ内容で、いつかは、きちんと学びたかった

貴重なコンセプト地元開催なのでリアルで繋がりが作れるまたと無い機会でした。

小島先生のリアル実技の講義はとっても分かりやすくお子さんの変化やママさんのお話を聞いていくと

それまでの、YouTube学習や動画撮影の宿題の意味が繋がっていたことに気づきなんて贅沢な学びの機会だったんだろうと感激致しました

整体個人事業

世間にあふれる発達とはこうあるべき!とはしない、評価と解釈小島先生のどんな場合でも、保護者の気持ちに寄り添う伝え方が大好きです。

正解はないから。あるとしたらそのときお母さんが子どものために一生懸命選んで笑顔になるものかなと思っています

歯科衛生士

小島先生の赤ちゃんの運動発達コース、めちゃくちゃ勉強になるぞこれ。

座学の単発セミナーの比じゃない。赤ちゃんのどこをみたらいいのか、そこにどうアプローチしたらいいのか、どうにも理解しきれず自分に落とし込めていなかったところにど真ん中にくる予感。

できるならみんな受けた方がいいぞ、これ。

歯科医師

2回目の講座前にも、私にとってなかなかハードルの高い課題がありましたが、その課題に対して個別にフィードバックをいただけるという贅沢な特典がついており、本当に小島先生の熱い想いを感じました。

課題以外に日々の臨床についてもアドバイスをいただけるというなんとも贅沢なフォローアップです。

自分の思い込みによって見えなくなってしまっていること…

思い当たることばかりで本当に反省する日々ですが、素直に助けを求めること、間違っていたら謝ること、そんな単純でとても重要なことを再認識させていただきました。

産前産後の個人事業

急性期〜回復期の領域で、片麻痺や脊髄損傷、手の外科をメインで診てきた経験から、子育てや海外でのOT像を学んで、小児の領域に大きく舵を切った私。

セラピストにとって大切なことは、その人を病名ありきで評価するのではなくて、目の前にいる対象者の方の動作分析・活動分析をすることから始まるのは、大人も子供も同じ。

そのことを再確認させてくれたのが小児の領域で活躍されている理学療法士の小島 賢司先生でした。

セラピストとして自分の引き出しに発達運動学の視点があるのってすごく大切です。

だって、発達運動学の視点を持っていると、その人の歴史を知れるから!

その人がどんな体の使い方をして、どう育ってきたのか、そんな背景を知ることで、自分のやろうとしている治療アプローチが本当に適切なのかな!?って一旦立ち止まって考えられるのです。

赤ちゃんから成人まで、どの領域のセラピストの方にも知って欲しい講座です。

こども支援室作業療法士

育休明けて、仕事も復帰して毎日バタバタしすぎて時間の経過が尋常じゃない!

そして小児の領域に足を踏み入れて、おーヤバイな自分。

何も出来ないじゃないか、、、と

だからこのタイミングで小島先生のセミナーに参加させてもらえたのは本当にありがたくて、もしセミナーを受けてなかったらただただ焦っていて、沼地のようなところでジタバタして…ドツボにハマって抜け出せなくなっていたかもしれない

でも受講させていただいたおかげでとりあえず沼地ではなくちゃんとした道でジタバタしている感じです

宿題があることで継続的に勉強をするし、自分の体でたくさん体感するし、気付くこともたくさんあるし、オンラインでも小島先生が動画でいろいろ説明してくださって、何度も何度も動画見たり、一緒に参加している方の動きの動画とかもシェアしていただいたり、共有できるというのはすごく大きくて。

小児訪問理学療法士

第一線で考え、動いてる小島さんの話しは距離をかけてでも行く価値があり、身体を見る視点のエッセンスは本当勉強になりました。

僕自身の日々のお客さんの評価の仕方も変わり、

講座でお母さん達に伝える伝え方も変わり、

全てにおいて発達の大切さを痛感させてもらいました。

小島さんという人は、思考の深さが凄いです。

考える習慣が圧倒的。

そして機能や構造と生活〜人生までを、対象者を取り巻く環境からも考えられる方。

こんな人にお子さんを任せられる環境って本当に素敵だと思う。

その空気感に触れられたことでも、沖縄から行った甲斐があるってもんです。

半年間楽しく学ばせていただきました。

産前産後の個人事業


受講生への手厚いサポート

・予習復習用の動画が配布されます
・質問はセミナー終了後もお答えします。

・質問はZOOMやメールなどで何度でも対応します。
・任意で宿題を提出することでご自宅でも実技を復習できます。


修了時の目標

・子どもたちの動きの「なぜ」がわかる。
・子どもたちの動きを言語化することができる。
・保護者の方へわかりやすく説明ですることができる
・自分自身のカラダへの気づきを得ていく
・全ての子どもにある個別性に着目した発達を見つめる眼差しと関わり方ができるようになる


修了後のフォローアップ

非公開の「発達運動学サロン」へご招待
STEP4まで修了された方をご案内いたします

他の有形無形のオンラインサロンとは
比較にならない価値があります。
 1、永年無料
 2、全国の修了生マップの閲覧・活用
 3、動画コンテンツ:
・掲載許可済みの発達コンサルタントの様子
・各地講演内容の共有
・専門職向け有料動画を無料公開
・受講生同士の横の繋がりの構築


講義内容(月1回ペースで開催予定)

STEP①背臥位の発達
STEP②腹臥位の発達

テーマ:
「新生児期から座位の発達」
・オフライン&配信

オフラインでボディーワークを通して
赤ちゃんの発達を学びます。

頸部と肩の発達はヒトにとって
とても大事な要素です。
受講を強くお勧めします!!

遠方の方はオンラインで参加も可能ですが
圧倒的に対面の方が得られる情報は多いです!

終了時には「寝返り前まで」の
お子さんの運動が評価できます。

 

 

予習・復習用オンデマンド

各STEP毎にオンデマンド動画が用意されています。


STEP3.移動の発達
(ずりばい、寝返り、ハイハイ、歩行の発達)

テーマ:
ハイハイと歩行の評価
赤ちゃんの動きから導く評価方法

発達運動学的視点で受講生同士で姿勢や運動を評価します。

評価した情報からハイハイや歩行との因果関係を明らかにします。

多くの専門家が苦手とする姿勢と運動の分析が
非常にわかりやすいと好評なワークショップです。

得られた評価は受講生のこれまで
発達が見える宝物のような情報にもなります。

※講師によるディスカッションに対する助言は適宜行われますのでご安心ください。


STEP.4
発達運動学の実践(モデル検討会)

テーマ:

▪️人の動きと関わり方を考える
▪️お子さんのモデルさんと講師が発達運動学に基づいて実際にどのような関わりのデモ
  (社会的情勢と確認の所属先との判断をもとに参集ではい個別の対応も検討します)

相手の体に触れる意味を理解すると、これから赤ちゃんに触れるときに
相手の感じ方が変わるだけでなく、自分が得られる情報も変わります。

モデルさんと一緒に遊ぶことで私たちは多くのことを彼らに教えてもらえる時間にしたいと思います。

※宿題(任意)
①の講義中に出てくる実技を撮影して観察して
コメントを添えて提出
②の講義中に出てきた評価手順を
パートナーに対して実践し提出


会場及び日程:
●申し込み期間:各回1週間前まで

●STEP.1背臥位の発達
5月22日(日)14:00-17:00(緊急追加)
キャンセル待ち

6月5日(日)14:00−17:00
キャンセル待ち

6月26日(日)14:00−17:00(NEW)
残り2名

会場:豊田体操クラブ戸塚教室
横浜市戸塚区戸塚町2779-2
(駐車場あり)
ZOOMでオンライン可能
¥30000-  (定員3名)

●STEP.2腹臥位の発達

6月19日(日)14:00−17:00(NEW)
キャンセル待ち

会場:豊田体操クラブ戸塚教室
横浜市戸塚区戸塚町2779-2
(駐車場あり)
ZOOMでオンライン可能

¥30000- (定員3名)

●STEP.3移動の発達

7月10日(日)14:00-17:00
会場:豊田体操クラブ戸塚教室
横浜市戸塚区戸塚町2779-2
(駐車場あり)
オフラインのみ
¥30000-
残り2名

●STEP.4実践(調節中)
年 月 日(日)
会場:こども支援室Cocon
¥24000-

・STEP.4はご自身のお子さんをモデルにしていただいて講義を含め個別セッションを組むことも可能です。

(ZOOMの操作方法、回線状況などこちらから確認させていただきます。
双方の環境に不備があり講義に満足いただけない状況は避けたい所存です)

 

講師:一般社団法人 日本発達コンサル協会 代表 小島賢司

【キャンセル料金について】
□1週間以上前ー無料(振込み手数料はご負担いただきます)

□前日・当日キャンセル¥5000料いただきます。
・振り替え対応いたします。
振り替えない場合は100%ご了承ください。


受講資格

・ZOOMが使える環境であること
 (ディスカッションでカメラONをお願いします)
・Facebookアカウント

申し込み方法

Facebookのメッセンジャーより講師宛にDM

講師:小島賢司
https://www.facebook.com/kenji.kojima.77

以下の内容を記入の上、ご連絡ください。

①氏名
②ふりがな
③お住まいの地域・所属
④職種
⑤経験年数
⑥受講に至る動機

をご記入の上ご送付してください。